アイキララで化粧下地をバッチリケア!お得な情報徹底解説!

アイキララを普段のスキンケアにプラス!

寝不足でもないのにいつも目の下のクマが目立つ。コンシーラーを使ったり化粧を厚塗りしたりしていたけれど、年齢と共に隠し切れなくなってきた…。

そのクマは、睡眠をとってもゆっくりお風呂に浸かって血行をよくしてもとれない…。

最近実年齢よりも老けて見られるようになってきた…。

 

じつはそのクマ、寝不足や疲れが原因ではないんです。

目の下の皮膚は人間の身体でもっとも薄い部分です。それに加え、加齢と共にコラーゲンが減少してしまうため、皮膚のハリがなくなって目の下が暗くなってしまうのです。

これが目の下のクマの原因です。

 

アイキララは、MGAというビタミンC誘導体配合の商品で、目の下の皮膚のコラーゲンの生成を助ける働きをします。

1日2回のスキンケアで、目の下を明るくしてみたいと思いませんか?

 

アイキララの使い方

早速ですが、アイキララの使い方について説明します。1日2回の使用ですので、朝と夜の洗顔後に使用するのがおすすめです。

 

  1. メイク落とし・洗顔

まずは洗顔をしましょう。

朝は洗顔フォームを使って皮脂を落とし、お肌を清潔な状態にします。つっぱり感があるからという理由で水だけで洗顔するのはNGです。毛穴の開きや肌荒れの原因になります。洗顔フォームで洗うことで皮脂がしっかりと落ちますので、化粧水の浸透がよくなります。

夜の洗顔では、メイクをしている場合はファンデーションとアイメイクをクレンジングオイルで落とした後、洗顔フォームで洗顔しましょう。アイメイクを落とす際にはこすらないようにやさしく洗いましょう。

  1. 化粧水をつける

洗顔が終わったら直ちに化粧水をつけましょう。時間が経ってしまうとお肌が乾燥して化粧水の浸透が悪くなりますのでNGです。

ただし、オールインワン化粧品を使用している場合はここでつけないでくださいね。オールインワン化粧品の中には油分が多く含まれているものがあるため、誤ってここでつけてしまうとせっかくのアイキララの浸透を妨げてしまうからです。

  1. アイキララをつける

いよいよアイキララの使用です。アイキララのキャップを外し、1プッシュします。1プッシュを左右の目の下につけましょう。この時、内側から外側に向かってアイキララを伸ばします。目の中にアイキララが入らないように注意してくださいね。伸ばしたら、手のひらで目の下を包み込みます。こうすることでアイキララの成分の浸透を高めます。

  1. 乳液をつける

最後に乳液をつけて化粧水やアイキララの成分が蒸発しないように油分でフタをします。

また、オールインワン化粧品を使用している場合はこのタイミングで塗りましょう。

 

アイキララを効果的に使うタイミング

アイキララの基本的な使い方については理解していただけたと思います。さらに効果的に使う方法・タイミングについて説明します。

 

・アイキララを人肌に温めてから使用する

アイキララを1プッシュしてすぐに使用しても良いのですが、せっかくでしたら効果を高めたいですよね。そのためには1プッシュした後に指や手の甲などで人肌に温めてから目の下につけましょう。冷たいままつけると目の下の血管が収縮して浸透しにくくなります。人肌に温めることでお肌の細胞の負担が減り、細胞が活発になって成分の浸透が良くなります。

 

・メイク前に使用する際のタイミング

朝のメイク前にアイキララを使用する際は少し注意が必要です。

洗顔、化粧水、アイキララ、乳液の順にスキンケアを行った後にメイクをすると思いますが、乳液の後にすぐメイクに入ってしまうのはNGです。すぐメイクを行うと、アイキララが十分に浸透していないだけでなく、ファンデーションのかたまりができたり目の下だけべたつきが生じてしまいます。

そのため、アイキララと乳液をつけた後に2~3分置き、手で目の下を触ってべたつきがなくなったのを確認してからメイクに入るのがおすすめです。

 

アイキララのやってはいけない注意点

最後にアイキララ使用の際にやってはいけない注意点について説明します。

 

・すぐに使用をやめてしまってはNGです。

アイキララは使用したら直後に効果が出る商品ではありません。つまり、コンシーラーのようにすぐにクマを隠すのではなく、クマそのものを時間かけて治していく商品です。

お肌のターンオーバーは20代の正常な方で約28日で、年齢と共に周期は遅くなります。

つまり、アイキララの効果を出すには最低1か月程は様子を見る必要があります。1週間経たないうちに使用を辞めて「効果が無い」と言ってしまってはもったいないのです。

継続できない方には向かないかもしれませんね。

 

・すぐに効果を出したいからと言って1日に何度も使っても意味がないです。

目の下のクマを早く無くしたい!気持ちはわかりますが、ターンオーバーの周期は早くなりません。また、1度にたくさん使用しても同じです。アイキララの消費を早めてしまうだけで損します。

1日2回の使用、1回当たり1プッシュの使用量を守りましょう。

 

・目の下のマッサージやゴシゴシはNGです。

目の下の皮膚は大変薄く、擦ったりマッサージをしたりすればメラニン色素が沈着しやすくなり、余計に黒ずんでしまう可能性があります。

アイキララを塗る際には優しく塗るようにしましょう。

アイキララは目の上まぶたにも効果アリ?本当なのか徹底検証!

目の下のクマやシワに効果があるとされ、とくに20~30代の女性に人気のアイキララ。

でも、目の周りで気になるのって、目の下の部分だけじゃないですよね。

 

まぶたも年齢とともにシワやくぼみが気になってくることもあります。

 

アイキララって、目の下に使えるくらいだから、まぶたにも使えるんじゃないかと考えますよね。でも、そもそもアイキララはまぶたに使っても効果があるのでしょうか?

 

今回は、アイキララのまぶたへの効果について、徹底的に調査をしていきます!

 

目元だけじゃないアイキララのまぶたへの効果

アイキララで目のくぼみは防げる?

 

目の上、まぶたにくぼみができてしまうのは、目の周りの筋肉が衰えてしまうことで、まぶたの皮膚が周りの筋肉に引っ張られることが原因です。

また、パソコンやスマホなどで目を酷使していることによる疲れが原因とも言われています。メガネをかけている人も目が疲れやすいですよね。

 

更に、まぶたがくぼんでしまう原因として、やはり加齢によって、目の周りのコラーゲンや皮下脂肪が失われ、そのせいで皮膚にハリがなくなってシワのせいで、まぶたがくぼんでしまうこともあります。

 

目は、その人の顔の印象を左右しますから、まぶたがくぼんでしまうと、疲れた印象を持たれてしまいますし、何より実年齢より老けて見られてしまいます。

 

アイキララは、加齢によるシワが原因の、まぶたのくぼみに効果が期待できるとされています。

 

ただ、筋肉の衰えや目の疲れが原因の場合は、アイキララだけでは予防することは難しいので、この場合は、目の周りの筋肉を鍛えたり、目の疲れを改善する工夫をしていくようにすることで、まぶたのくぼむことを、抑えることが大切です。

 

目のストレッチで目の周りの筋肉を鍛えることが出来ますし、疲れ目には、目を温めたり優しくマッサージをするのが良いとされています。さらに目に良い、ビタミンBが多く含まれる食材を普段の食事に取り入れても良いですね。

 

加齢によるシワを防ぐためにも、アイキララを使用しつつ、上記のようなストレッチやマッサージなどを併用していくことで、まぶたのくぼみの予防と改善に、より効果が高くなりますよ!

 

アイキララは、原料も優しい成分を使用していますし、着色料や防腐剤なんかも使用していないので、デリケートな目の周りに使っても安心です。

副作用も少ないので、敏感肌の人でも使用することが出来ますから、それも安心材料ですよね。

 

アイキララのまぶたへの使い方

 

それでは、アイキララのまぶたへの使い方を解説していきますね。

 

まず、1日の使用回数は2回。お肌が清潔な状態での使用がベストなので、朝晩の洗顔後のスキンケアをするときに使用するのが良いですね。

順番としては化粧水の後、乳液を付ける前。

オイル系の化粧品の後だと、アイキララの成分が浸透しにくくなるからです。

オイルの入っていない、美容液の場合は美容液を先に付けてもOKです。

また、オールインワンの化粧品を使っている場合は、その後でも大丈夫です。

 

1回の使用量は、両目で1プッシュ。

 

アイキララの塗り方は、1プッシュの半分を指でとって、目の周りの気になる部分を中心にして、指でクリームを少しずつトントンと馴染ませていきます。その後は、優しくクリームを伸ばしていきます。

このとき、目頭から目じりにかけて伸ばしていくと良いです。

 

アイキララを塗った後は、手のひらでそっと目を包み込むようにすると、クリームが浸透しやすくなります。

 

目の周りの皮膚は、とてもデリケートです。このときに、力を入れてゴシゴシこすってしまうと、摩擦が原因で皮膚に負担がかかってしまって、かえってシワを増やしてしまったり、シミの原因になってしまいますから、クリームを塗るときも、マッサージをするときも、優しくが基本ですよ!

 

アイキララを塗るときは、人差し指よりも中指で、塗った方が余計な力が入りすぎないので、オススメです。

 

これを毎日欠かさず続けていくことで、効果が出てきます。

なんにしてもそうですが、まぶたのくぼみ対策としても、コツコツと根気よく続けていくことが大切です。

 

使用するアイキララの量なのですが、少なすぎるのも効果が少なくなってしまいますが、だからと言って、多く塗れば良いということもありません。

クリームが多いと目に入ってしまう危険も大きくなりますからね。

少なすぎず多すぎず、適量を守って使用しましょう。

 

それから、もう1つ注意点として、アイキララを使用するときに、他の乳液やクリームと混ぜて使ってみたなんて声もあるようですが、アイキララを使うときに、他社の化粧品と重ねる分には問題はないのですが、混ぜてしまうのはNGです。

 

これはアイキララの効果が薄くなってしまいますし、混ぜる化粧品によっては成分が合わない場合もあります。

 

アイキララは肌に合わない場合は、全額返金保証がありますが、間違った使い方をして肌にトラブルが出てしまった場合は、保証の対象にならなくなりますから、アイキララを使用するときは、正規の使用方法を守って、自己流でアレンジした使い方は避けるようにしましょうね。

 

アイキララで綺麗な涙袋に!目元のお手入れの新常識!

アイキララは涙袋にどんな効果がある?

そもそも涙袋ってなに?

今ではすっかり流行の涙袋メイク。最近では涙袋の有無で顔の印象がかなり変わると、ネット上で話題になっていますね。そもそも涙袋とは何なのか?眼輪筋(がんりんきん)と言って、目の周囲にある一部の筋肉を指しています。

一般的に人の印象は目でほとんどが決まると言われています。涙袋があると笑顔が若く可愛く見えます。

特に女性的魅力を与えるパーツで女性的な形をしているため、男性には特に意識をさせなくても「色気がある」と思わせるそうです。目の周囲に明るい印象を与え、優しげな雰囲気にも見せてくれます。

涙袋にヒアルロン酸を注入する美容整形もありますが、実際に施術をした方は年齢を重ねるにつれ、皮膚が伸びてきてしまい、今度は涙袋を除去する手術をしなければならないと、非常に後悔している方が多いようです…。

 

涙袋のシワを改善するには

あなたの涙袋は、年齢とともに痩せてきていませんか?この皮膚が痩せてしまう現象は”目元老け”原因のひとつです。

目の下の皮膚は人体で最も薄いと言われており、非常にデリケートな部位です。加齢とともにお肌のコラーゲンが失われると皮膚痩せが起こります。そして、クマが目立ってきたり、目の下に影が出来たり…

そんな悩みを解消するには、普段の食生活に気を配るのと同じように、気になる涙袋にも栄養分や潤いを与えてあげることが重要です。

 

アイキララなら涙袋にも効く!

アイキララは加齢による目元のシワなどを改善し、クマを薄くして涙袋を際立たせる作用があります。

なぜ効果があるのでしょうか?それはMGAというビタミンC誘導体の一種が失われた弾力を目覚めさせることで、ふっくらと若々しい印象に導いてくれるからです。これはMGAがコラーゲンの働きを助けることによる効果です。

その他にも肌にスッと馴染む2種類のペプチド(肌細胞の再生を活性化)を配合、シワやシミ、くすみなどへ積極的に働きかけます。

アンチエイジングケアにも適切な新型ビタミンC誘導体MGA、2種類のペプチド、ビタミンKなどの強力な成分が配合されていますが、お手頃価格なアイクリームなのです!

 

実際に使用した方たちの口コミを紹介します。

口コミ1「見た目は白く乳液のようです。クリームほどこってりとしていなくてお肌にスッと馴染みます。においは気になりませんでした。。注射器みたいなフォルムがキュートで、使用量も1プッシュ=両目1回分というのがわかりやすいので使いやすいです♪

使ってみると保湿力がとても高く、おやすみ前の使用で、朝起きた時に目元の乾燥が気になりませんでした。涙袋もいつもよりモチモチして柔らかくなり、小ジワも目立ちにくいなという感覚が鏡を見て、ありました。私が一番に実感したのは、目元の明るさ。ツヤが出て、ぱっと目元が明るくなったように感じました。その明るさで目元のくすみ、クマも気にならないです。

アイシャドウのようなパール成分は一切配合されておらず、表面上のケアだけではなく内面に効果が届いているんだと感じました。」

 

口コミ2「使用開始から21日目、自身の顔をまじまじと鏡で覗いたところ、クマがほとんど無くなっていました。毎朝のメイクで自分の顔を見ているので、効果は間違いないはずです。

アイメイクをする際にも、昔のような涙袋のたるみが前ほど気にならなくなったかも…。

加齢により皮膚が薄くなってきて目元のくぼみ、たるみが気になる方、血行不良からくる青グマが気になる方には、アイキララをおすすめします。

最初は他のアイクリームとの違いがはっきりと感じられないのですが、とにかく一ヶ月くらいは使ってみてほしいです!他の物と比べて血行促進の効果が高いと私は感じました。」

 

口コミ3「目のたるみとクマに悩まされており、ずいぶんいろいろなアイクリームを試しましたが、やっと実感できるクリームに出会えました。

使用した次の日の朝から、いつもシワシワだった目元が明らかに水分をキープしている感覚があり、毎日使い続けるごとに内側の細胞から活性化したようなお肌のハリを感じました。」

 

口コミ4「使用から1ヶ月経過です。使い始めてからほんの数日で実感がありました。

加齢とともに目元が気になっていたのですが、高価なアイクリームを使用しても、潤うだけで根本的な改善は感じられなかったです…。
ストレスや疲れ、加齢もあるし、もう仕方がないと諦めモードでしたが、こちらの商品は手に取りやすい価格だったのでダメモトで購入してみたところ…驚きました。
普段は髪型や服装の変化に気がつかない知人が 「あれ?目元が明るくなったね。」と自ら言ってくれました。
お値段も手頃なので、毎日気兼ねなく続けやすいです。これからも使用していきたいです。」

 

いかがでしたか?気になっている方へ朗報です。アイキララには全額返金保証制度があります。

万が一アイキララがお肌に合わなかったり、実感が現れなかったという方に向けて、アイキララの到着日より25日以内であれば購入代金を全額返金してもらえる補償です。

アイキララを使用した方の中には、お肌に合わなかった、効果が感じられなかった…という感想もあります。

全額返金補償制度を受けられるのは、アイキララを使った場合に限ります。もちろんアイキララを全て使い切ってしまってからでも可能です。使い切ってからでもOKということは、25日間しっかりと使ってから効果を確認することができますね。